テクニカルで勝率アップ!バイナリーオプション攻略法

担当運営者
ご利用規約
担当運営者
はじめてのバイナリーオプション
初心者向けのバイナリー業者
バイナリーオプション最新情報
なぜバイナリーオプションはテクニカルが有効なのか?
詐欺を含めて国内と海外のどちらの業者を選ぶべきか
バイナリーオプションと移動平均線
短期取引はどう取引していくのがいいか
絶対必要!口座開設後にやっておくべきこと
バイナリーオプションとトレンドフォロー戦略
負け癖をつけるな、勝ち癖をつけろ!
失敗から見るバイナリーオプションの攻略
バイナリー攻略のカギはリサーチ
ファンダメンタル分析も理解しておいた方がよい
テクニカル分析でしっかり稼ぐ
バイナリーオプション攻略には?
スマートフォンでもバイナリーオプション!
海外業者を選ぶなら入出金方法も大事
逆張りも狙ってみるべし!
ボーナスがお得!
現金を使わずに練習するには?
こんなチャートで取引をしてはいけない!
まずはトレンドをみつけよう
テクニカル分析をやるには?
勝てるバイナリー業者とは
いよいよ実戦!業者選びの手引き

逆張りも狙ってみるべし!

逆張りも狙ってみるべし!

逆張りも狙ってみるべし!

取引ポイントには順張りと逆張りの狙い方がある

取引の方法には順張りと逆張りの2種類が存在します。順張りは相場の流れに沿って取引をするものであり逆張りは相場が反対の方向に行くことを予想して取引をするものです。勝率が高い取引方法は順張りであるためトレンド相場であるかどうかを確認して順張りで取引をしていくのが投資における最も基本的な取引の仕方となります。しかしバイナリーオプションの中には1分や2分と短時間で取引が終わるものもあり、そうした取引ルールであれば逆張りを利用するのも1つの方法です。逆張りをする場合でも当然テクニカル分析を利用することになりますが順張りとは取引の仕方が違うためテクニカル指標での分析方法もまた違ったものになります。

逆張りでのテクニカル分析の使い方

まずトレンドが発生しているかどうかを確認するタイプのテクニカル指標を利用することはできず逆張りに適した種類の物を利用することになります。基本的に逆張りで利用するのは相場の強さを表示するオシレータータイプのテクニカル指標です。逆張りで利用する種類として最も有名なのがRSIです。このRSIは売買の強さを0から100の数値で表示するものであり、0に近ければ売りが強く、100に近ければ買いが強い相場と見ることができます。しかし極端に0、100に近い数値になることは滅多にないため逆張りで利用する場合には20付近の時が買い、70付近の時に売るのが目安となっています。しかし相場の流れによっては一方の数値に偏っても反転するとは限りません。特にトレンド相場では近くても反転せずにそのまま流れる可能性が高いため、このRSIが逆張りにおいて力を発揮するのは相場の流れが定まらないレンジ相場の時となります。

ボリンジャーバンドで逆張りを狙う

他のテクニカル指標としてはボリンジャーバンドがあります。このボリンジャーバンドは値動きの上下に3本のラインを出すテクニカル指標であり、一本目の線を超える確率は60近いですが2本面の線を超える確率は95程度と極端に高くなります。95ということは滅多に超えないということであり逆張りで利用する場合にはこの2本面の線を目安にして取引をしていくことになります。

しかし逆張りで有効なボリンジャーバンドではありますが表示の仕方を見れば分かると思いますがオシレーターというよりはトレンドタイプのテクニカル指標なのです。現に本来の使い方は順張りで利用するものであるからです。逆張りで利用することもできますが相場に絶対はないためトレンドが発生したり強い動きがあると線で反発せずに突き抜けることがあるため頼り過ぎないようにしましょう。